〔ナンタケット島&ボストン 8〕ナンタケットタウン 自由散策1

ナンタケット島&ボストンツアーの続きを久々に更新!
(本当に久々、、)


これまでのツアーのおさらい!
1日目 ナンタケット島に到着⇒ホワイトエレファントホテル
2日目 ブラントポイント灯台(朝の散歩)⇒チャールズ・マンガス氏(スクリムシャウ・カービング職人)宅でレクチャー⇒ナンタケットバスケットミュージアム⇒昼食⇒The Whaling Museum(クジラ博物館)


2日目の午後はThe Whaling Museum見学を終え、夕食までナンタケットタウンを自由散策!
駆け足で半日あれば、周りきれるコンパクトなタウンですが、ショッピングは何時間あっても足りませんよね〜。
多くのショップは17〜18時でクローズするので、ゆっくりしていられませんあせあせ(飛び散る汗)


目抜き通りからではなく、まずはショップ&ギャラリーが集まるストレートワーフ(と呼ばれる桟橋のある波止場)へ向かいます。


このツアーのベストショットぴかぴか(新しい)
ntown1.jpg


姿勢のよいワンちゃん。セレブな島のワンちゃんらしく(笑)
ntown2.jpg ntown3.jpg


波止場の目の前にあるTHE TOY BOAT(ザ・トイ・ボート)
木製のヨットや灯台などのおもちゃが並びます。
ntown4.jpg

ストレートワーフにあるPETER BEATON(ピーター・ビートン)のお店↓
セレブ御用達の帽子店です。
ntown6.jpg

PETER BEATON(ピーター・ビートン)はレッスンに通われている生徒さんなら、ご存知の方も多いはず。
代々木上原のグレイミストショップにある、カジュアル・シックなストローハットがPETER BEATONです。
他にオリジナルのボーダーカットソーやマリンブーツがあります。
イタリアの細かい麦わらで編まれた帽子に、幅広のブラックリボン。
素材もデザインも好みなのですが、日本のショップ(グレイミスト)にある帽子は、私にはサイズが合わなくて(私って頭デカイ?)、PETER BEATONの帽子は持っていません。
なので、ここで帽子自体の画像を紹介できないのが残念!
機会があったら、ショップで撮影してきます。


次回も自由散策のレポート続きますよ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright (C) 2008 ナンタケットバスケットのある暮らし All rights reserved.