Candy Basket 4inch (S.M.様)


candy4sm1.jpg

Mさんのファーストバスケット、4インチキャンディです。
シンプルで上品なFossile Ivory をはわせたプルノブを合わせて。
私は生徒さんに「ご自宅でバスケットを編んでいるのを見て、ご家族は何かおっしゃいますか?」と聞くことがあります。
Mさんはご主人に「頑張っているね!」と声を掛けられたそうですが「(バスケットを作るのが)楽しくて、頑張っているという気がしないのです、先生」と言われました。
楽しくて頑張っている気がしない、にハッとした私。
とても嬉しく思います。
この感覚、大切だなぁ。
私も楽しくバスケット作りのお手伝いさせて頂きま−す。

Basket Name: 4inch Candy Basket
Mold: 4inch Round
Top Base:Maple Wood Lid
Bottom Base: Maple
Rim: Maple
Stave: Cane
Weaver: Cane

Candy Basket 5inch (N.S.様)


candy5wns1.jpg

Sさんの6〜7作目にして初のキャンディバスケット。
墨を流したような木目のウォルナット。
「黒檀のようで得した気分(笑)」とSさん。
木目や色の濃淡は天然素材ならではの面白味ですね。

candy5wns2.jpg
ふた裏はボーンのブラックシェルを貼って。
渋いっ!

Basket Name: 5inch Candy Basket
Mold: 5inch Round
Top Base: Walnut Wood Lid
Bottom Base: Walnut
Rim: Walnut
Stave: Cane
Weaver: Cane

Candy Basket 3inch (Y.I.様)


3cyi1.jpg

プレゼント用の3インチキャンディバスケットを完成されたIさん。
ノブにはプレゼントされる方のイニシャルが掘り込まれています。
手のひらに収まるサイズ。
このミニマムな佇まいが好き。

3cyi2.jpg

低めに編まれたので、ジュエリーレストとして洗面室などに置いても素敵ですね。
フタ裏のローズで、女子力さらにアップ!

Candy basket 4inch (T.O.様)


4cto1.jpg

Oさんのファーストバスケット、4インチキャンディーバスケットです。
厳密にはどちらかでペンダントトップの1インチバスケットを作られたことがあるとのこと。
何となく感覚が手に残られているのでしょう。
とても綺麗な仕上がりですね!
タグアナッツのクジラのノブ(つまみ)がキュート。
タグアナッツはアイボリーナット(ivoly nut)とも呼ばれ、乳白色やその光沢が象牙に似ている珍しい木の実です。こげ茶色の表皮をとると象牙質に似た実の部分が現れます。
私はいつもシンプルなノブばかりで製作するので、次回はクジラかニワトリ、アザラシさんなどをつけてみたいと思います。
後ろに写るバスケットは私の10トートと6オーバルです。
2作目のオーバルバスケットの見本でお持ちしたのですが、10トートの飴色、貫禄あるなぁ。
Oさん、2作目トート頑張りましょうね!

Candy Basket 4inch
base:maple
weaver:1.75mm
lid&rim:maple
knob:tagua nut(whale)
plug:ivory
H cm × W 14cm × D 14cm

6inch Candy basket (Y.M.様)


ym6c1.jpg

前回の5inchに引き続き、ご親戚の方へのプレゼントを製作されたY.M.さん。
「えー本当に差し上げるんですか〜」とクラスの皆さんと私とで、合唱してしまいました(笑)

ym6c2.jpg

贈られる方は、アメリカ在住経験がおありとのこと、ナンタケットバスケットをご存じかもしれませんね。
K.M.さんの作品をご参考にされた今回の作品。
ご本人も欲しいと言われていましたが、私も同様に欲しい形。
ベース大きめで醸す安定フォルムが、ミソですね。
Copyright (C) 2008 ナンタケットバスケットのある暮らし All rights reserved.