〔ナンタケット島&ボストン 3〕バスケットを彩る飾りのレクチャー

散歩から帰り、ホテルで簡単に朝食を済ませた後は、ナンタケットバスケットのフタを飾るカービングのレクチャーを受けます。
n1day_cm1.jpg



チャーミングなクジラの飾りに少々興奮。
n1day_cm2.jpg n1day_cm3.jpg


大師匠の作品です。クラスに通われている方は、ポストカードでご覧になってますね。展示会で実物をご覧になった方もいらっしゃるのでは?
n1day_cm4.jpg n1day_cm5.jpg


いくつあっても欲しくなるバスケット。こんな風に飾りたい。
n1day_cm6.jpg n1day_cm7.jpg


飾りはマンモスの牙などから作られています。
右のバスケットはステイブ(バスケットの縦のライン)が黒いですね。これはクジラのひげで作られたのだそうです。
n1day_cm8.jpg n1day_cm9.jpg


シェルの飾りを贅沢に使って。
レクチャーしてくださった作家さんの作品は、大統領も愛用しているのだとか。
n1day_cm10.jpg n1day_cm11.jpg

レクチャー後はとても楽しみにしていた「ナンタケットバスケットミュージアム」へ!

〔ナンタケット島&ボストン 2〕 ブラントポイント灯台まで朝の散歩

ナンタケット島2日目!
(と言っても、昨日夕方到着したので、実質初日の気分)
宿泊したホワイトエレファントホテル本館。
由緒あるホテルでサービスも一流。
n1day_bp1.jpg



我々はコテージタイプに宿泊。
小鳥の囀る声で起床♪(本当です)
コテージは鍵をかける必要がないと言われました。犯罪率0のナンタケット島ならでは。
n1day_bp2.jpg



コテージ前の道を真っ直ぐ、海に向かって歩きます。ブラントポイント灯台まで散歩をすることにしました。
途中、グレイの外壁で統一された素敵な家々を眺めながら。
n1day_bp3.jpg



お庭に船!
n1day_bp4.jpg



お庭にウサギ!ペットor野うさぎ?
n1day_bp5.jpg



新築の家を発見!
レッドシダーのナチュラルな木肌が、徐々にグレイへと変化するのだそうです。
このグレイは住宅建築(の外壁)のカラーとして私の好み、ストライクゾーンど真ん中。何とも羨ましい限り。
n1day_bp6.jpg



すれ違う人、皆笑顔で自然と挨拶。
マンホールにはナンタケット島のデザイン。
n1day_bp7.jpg n1day_bp8.jpg


郵便受や風見鶏(風見ボート)もいちいちチェック。
n1day_bp9.jpg n1day_bp10.jpg


瀟洒な邸宅から飛び出してきたワンちゃん。威勢よく吠えまくり。
電柱にはもちろんチラシの類なし。町の美観を損なうものはありません。
n1day_bp11.jpg n1day_bp12.jpg


ブラントポイント灯台が見えてきた〜
n1day_bp13.jpg



n1day_bp14.jpg



砂浜には沢山の貝殻。旅の思い出に一つ。
n1day_bp15.jpg



どこもかしこも絵になります。
n1day_bp16.jpg

〔ナンタケット島&ボストン 1〕 成田⇒シカゴ⇒ボストン⇒ナンタケット島

私が参加しました、ナンタケット島&ボストン短期留学ツアーの様子をご紹介していきます!


tour1_1.jpg


ナンタケット島は、聞きしに勝る本当に美しい島でした。
日本から丸1日かけて到着した島は、、


では初日から順を追って、スタート!



シカゴ経由のJAL便でボストンへ。
シカゴ・オヘア空港では巨大な恐竜模型がお出迎え。
経由地は他にもあります。帰りはワシントンD.C.経由(空港の設備としてはワシントン・ダレス空港の方が充実していました)



成田⇒シカゴ⇒ボストン到着。
ボストン・ローガン空港内からナンタケット島行きのCape Airカウンターへ。
売店のNANTUCKET NECTARS、$2.75。ナンタケットと名の付くものに一々反応。
tour1_2.jpg tour1_3.jpg


Cape Airカウンターにバスケット発見。
営業スマイル決まってマス。
写真を撮って良いか聞くエチケットは忘れず、パチリ。量産品かな〜
tour1_4.jpg tour1_5.jpg


聞いてはいたものの、、8人乗りのプロペラ機です。
操縦席斜め後ろの席、確保!見晴らし良好!40分の空の旅。
むむ、、恰幅の良い紳士が操縦席の横(私の前)に着席。その席、座って良かったの〜!?

tour1_6.jpg tour1_7.jpg


成田⇒シカゴ⇒ボストン⇒ナンタケット島、やっと到着!
空港内は人気のない駅舎のように、こじんまりしています。
夏のバカンス時には、高級避暑地の玄関口として多くの人でごった返すそうです。
tour1_8.jpg tour1_9.jpg


ご主人を待っているの?
同行したOさんと思わずワンちゃんに話しかけ。
夕暮れ、空港前からタクシーでホテルへ。
tour1_10.jpg tour1_11.jpg


空港の外壁にはクジラの看板。
ホテルで待ち合わせしたボストンの先生方と夕食。
クラムチャウダーはとりあえず頼むでしょう。
tour1_12.jpg tour1_13.jpg


宿泊先はホワイトエレファントホテルのコテージ!
ラッキーモチーフのヨットの絵に囲まれ、就寝。
初日、無事終了!
tour1_14.jpg tour1_15.jpg
Copyright (C) 2008 ナンタケットバスケットのある暮らし All rights reserved.