NENBA Original Cutting Mat


cuttingmat1.jpg

展示会でご覧になった方、ご購入された方もいらっしゃいますでしょう。
買ったものの勿体なくて使えない〜という声もちらほら。
私もその一人(笑)
ケーンの太さやインチスケール(日本では馴染みないのであると便利)ヒンジ巻き数など(訂正箇所あり)プリントされていて、ナイスルッキングだけじゃないしっかりしたマットです!
若干数ご用意ございますのでお入用の方、メールやレッスン時にでもご連絡下さいませ。

ジョン・マン John Mung / 山本一力


年末年始、久々の読書。
johnm1.jpg

講談社創業100周年記念出版だそうで、著者はジョン万次郎と同郷の山本一力氏。
第1巻「波濤編」第2巻「大洋編」は貴重な鯨油採取のため隆盛を誇ったアメリカの捕鯨についても描かれています。
平易な文章、1ページの文字数も少なめに思われ、あっという間に読んでしましました。(なのに近場で過ごした年末年始は1mmもバスケットを編めず)
こちらを読まれた生徒さんは「先生がクラスで話していた内容と同じことが書いてあり、スゥ〜と頭に入りました」とのこと。
メルビルの白鯨は必読ですが、こちらもオススメです。
ジョン万次郎、大河ドラマにならないかしら。

Nantucket souvenir +


nansouvenir1.jpg

先日頂いたバスケット周りの雑貨をご紹介。
クジラのマスキングテープはLisa Larson(リサ・ラーソン)展でOさんが見つけたもの。
リサ・ラーソンと言えばあのライオンの置物?を思い浮かべるのですが、クジラって珍しい!

籠のコラージュスティッカーは別の(笑)Oさんがハンズで入手。
ナンタケットバスケットらしきものがありますね。

マスキングテープ&スティッカーはあの方に見つからないようにせねば(汗)
皆様、クジラやバスケット関連に感度高しですね。
私もテンション上がりました!

灯台が描かれたマグは今夏ボストン&ナンタケット島を訪れたMさんからのお土産です。
一人くつろぐcoffee breakに!

皆様、ありがとうございました。

あっ真ん中にいるクジラくん。
2年ぐらい前のお手製で素材は黒柿。
黒柿はこちらのページで紹介しました。
あの方のお気に入りで、失くしていたのに先刻出てきまして。
「クロくじら、もっといっぱい作って」と言われますが一体何に使うんだ?

5月1日のスズラン


suzuran1.jpg

5月1日は南青山でのレッスン日(毎週木曜)
嬉しいプレゼントを頂きました。
フランスでは5月1日は大切な人にスズランを贈る習慣があり、ルネサンス期から続いているのだそう。
贈られた人には幸運が訪れると言われています。
独り占めするのが勿体なくて、ショップに飾って頂きました。
スタッフSさんのスクエアバスケットに。
鈴なりの可憐な白い花とグリーンのコントラスト、香水の三大フローラルの一つである香り。
粋でおしゃれなプレゼント。
来年は私も誰かに送ろう。
自分に、はダメかしら(笑)

ダッフィーポップコーンバスケット復活!

ディズニーシーで販売されていた、ナンタケットバスケットをモチーフにしたポップコーンバスケット。
私も持っていますし、所有されている生徒さんも多いはず。
残念ながら、最近まで取扱いがなくなっていました。
が、今月13日よりデザインが新しくなり、販売されております
ディズニーシーのHPでご確認下さ-い!
http://fantasy.tokyodisneyresort.jp/tds/duffy/menu/popcorn.html
http://www.tokyodisneyresort.jp/magic/tds/menu/detail.html?id=672453857544
アメリカンウォーターフロントのケープコッド・クックオフ前のワゴンですね。
「D・U・F・F・Y、D・U・F・F・Y」
(頭の中で、ショーのメロディが)
暖かくなったら、今度はランドの予定でしたが、シーに変更しなくては。
大雪翌日にシーを訪れたKさん、お知らせありがとうございました
Copyright (C) 2008 ナンタケットバスケットのある暮らし All rights reserved.