ダッフィーのポップコーンバスケット


dspb1.jpg

ダッフィーのポープコーンバスケット。
東京ディズニーシーで販売されていたものです。

dspb2.jpg

ナンタケットバスケットを模しているのです!
先日のクラスで、このバスケットの話になり
ご存じのない方がいらっしゃったので
アップしました。
なかなか忠実に作られています。

dspb3.jpg

ハンカチにもバスケットが!
ポップコーンバスケット
再販してほしいなぁ。

narcissus&8val open&不惑


強風の中、凧揚げ&水仙を見に行ってきました。

suis1.jpg


水仙は英語でnarcissus(ナルキッソス)

ギリシャ神話に登場する美少年ナルキッソスは
水面に映った自分の姿に恋し、溺れ、命を落とす。
のちに水仙 (narcissus) の花に化したという。

なので、花言葉は
贈られて嬉しいものではないかも。

香料に利用されるほどの
あの香りは、好きなのですが。

suis2.jpg

澄んだ空気
そして強風、、

suis3.jpg

この日は、8ovalを高めに編んだバスケットを持って。
ステンレスボトル、お財布、スマホ、タオル、お菓子を入れても余裕手(チョキ)

suis4.jpg

いつものソフトクリームはお預け。
帰ってケーキを食べよう!

suis5.jpg suis6.jpg
ケーキは、おチビさんが選んでくれたらしいです。
40にして惑わず、不惑です。
実際は、迷うことばかりですが。
TVで黒柳徹子さんが「今は(年齢は)7掛けで丁度良い」
と言っていました。
ということは、28歳ぴかぴか(新しい)
一人、ほくそ笑んでしまいました。
確かに、精神年齢はそのあたりかも、、

隣の画像は、夕食のだまっこ鍋。
汁がしみて、お団子美味しい!
ラップでご飯を包み
上手にお団子状にするお手伝いをしてくれました。

何でも食べるおチビさん。
鶏肉はもちろん、ごぼうも芹もよく食べます。
去年に引き続き、今年も風邪知らずです。
お鍋のときは、最初に取り分けて
冷ましてあげないと食べられなかったのが
最近は、大人とお同じペースで食べられるように。
先日も、焼肉を網から直接頬張る勢いだったし。
Babyの頃に比べたら、楽になりました。

公園の帰り
「ママ〜お家に帰ったら、あったかいお茶が飲みたいねぇ」
と言う始末。
私が年をとった分、娘もしっかり成長しています。

My nantucket basket


お出かけと言っても
お茶をしに行くだけですが
自分のバスケットに
ハンカチやメモ帳を入れています。
6ovali1.jpg


チャッチャと自分でスイーツをオーダー
食べるころには、バスケットの存在すら忘れていますが、、
(そして、相変わらずの食欲、、)
6ovali2.jpg


1日の南青山ミニパーティで久々に会ったお仲間(インストラクター)から
ブログを見て頂いてるようで
「あんなバスケットを作ってもらえるなら、先生の娘になりたい」
「お嬢さん、お幸せですね」
と言われました。
エヘヘ、光栄です!

ピクニックごっご


生徒さんに
「バスケットをおもちゃにされませんか?」
と聞かれます。

はい、こんな感じです。
picnicg1.jpg


ピクニックごっごの際はマストです。
picnicg2.jpg


ギュンギュンに詰めて
「閉まらな〜い」
って、やめてくれないかな〜
picnicg3.jpg

Audrey Hepburn


audrey1.jpg

オードリーとジャクリーンの本。
今も新しい永遠のファッションアイコン。
二人の共通項。
ナンタケットバスケット。
オードリーは愛用していたと言われていますが
その画像が見つかりません。
写真集を含む書籍は、折に触れ、目を通してきたつもりですが、探せませんでした。

以前生徒さんから
「私が娘時代に雑誌で見たことがあります!」
と教えて頂きましたが、その雑誌を特定することはできませんでした。

先日、そんな話をしていたところ、生徒さんが
「これでは」
と、写真集を持ってきて下さいました。

上段左オープンバスケットを3つも持って。
ナンタケットバスケットのような、、
audrey4.jpg


下段左、同行者のアニタ・ルースの持つバスケットが、それらしく見える。
audrey3.jpg


オードリーと言えば、GIVENCHYにFerragamo
Salvatore Ferragamo氏とのツーショット
このパネル、見たことがあるのになぁ。
似て非なるものかもしれませんが。
audrey2.jpg


上の画像はこの2冊に収められています。
audrey5.jpg


オープンバスケットの3つ持ちスタイル。
真似したくなりました(笑)

Rさん、わざわざお持ち下さって、ありがとうございました。
感激しました!
Copyright (C) 2008 ナンタケットバスケットのある暮らし All rights reserved.